鏡を見て想うことがあった

2016年9月19日

我々は痩せたいという感情から、さまざまな方式を試してきました。シェイプアップや栄養剤、脂肪を燃焼する塗り薬。その中でナンバーワン便利だったのは、「一斉の食物を少なめに摂りスナックを少なくする」はでした。結果は最大で5移動痩せました。

ですが、鏡を見ておもうことがあったのです。「細かいだけでバランスが悪い」。そうです、脂肪は落ちたものの、筋肉も落ちてしまった私の健康には引き締まりがなくだらけた見かけになっていました。

元々行為が好きな我々は、そこから筋力育成(以下筋トレ)に減量方式を転じました。ただここで注意が必要なことが一種あります。筋肉を附けるには、筋肉に変えるための脂肪が必要なのです。そのためシェイプアップを通じていた我々は、スナックはしないは変えず、3食は断然摂るようにしました。
筋肉にするための養分をよく摂り、断然筋トレすることで引き締まった健康を作ります。

婦人において腹筋や腕立て伏せは、正真正銘おっくうですよね。そういう婦人のために、簡単にできる筋トレ法を伝授したいと思います。
①腕立て伏せの体格をとります。
②仕方を付くのではなく握りこぶしをつき、膝も付きます。
③前の方にウエイトをかけ、腹に力が入ってあることを測定。
④こういう体格をそれでは20秒3付き行います。
20秒ができなければ早くしても構いませんし、逆に剰余があれば年月を延ばして下さい。

我々はこれをひと月続けた結果、腹筋の中ごろに線が入りました!1都度分娩でたるんです腹も、こういう育成で割れた腹筋を奪い返しました。
興味情報ですが、握りこぶしや足にも負担がかかるので、敢然とストレッチングを行った上でトレーニングすることをお勧めします。

減量はひときわ、「延長は技能なり」だ。
素敵な婦人にかけて、今後も育成を頑張ろうと思います!つむじはげ

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です