私がこれまで生きてきて実感した、夏に行なってはならない暑さ対策について

2016年7月18日

現在20代である私がこれまでの短い人生の中で得た教訓、特に夏に暑さをしのぐ方法として誤りであったと感じた出来事を述べたいと思う。1つ目は、定番ではあるが、暑いからといってキンキンに冷えた飲み物やアイスクリームをむやみやたらに食べてはならないということである。暑い夏の日に飲む冷たいジュースや冷たいアイスは何にも代え難い素晴らしいものである。幼い頃炎天下の中で遊んだあと、家に帰ってキンキンに冷えた麦茶とパッキンアイスを食べることは私にとっての夏の楽しみであり、醍醐味でもあった。しかし私はその幸福を感じる時、傾向としてその先のことは何も考えていないのであった。つまり、私はそのあとにほぼ毎回お腹が痛くなることを毎回忘れて、後先考えず飲み食いしていたのである。私はもともと胃腸が強くはなく、よくお腹を壊していたので、冷たいものばかり摂取する夏は結果としてほぼ毎日のようにお腹を壊していた。バルクオム
2つ目に半袖・半ズボン以外に一枚羽織るものを全く持ち合わせておくべきだということである。この項目も1つ目に続いて夏の寒さへの対策である。私は体質としてよく汗をかくが、これは私が暑がりであるという一面を表しているといえよう。しかし、逆に言えば、汗をよくかくということは体内の熱が比較的速く下がるということだともいえる。私は暑いのが大嫌いなので、半袖・半ズボンを好んで着る。汗を沢山かいて涼しい室内に入ると、それはそれは快適である。しかし、外でかいた大量の汗は涼しい室内でほぼ一瞬で収まり暑さは感じなくなり、かえって寒く感じお腹を壊すのである。前項の場合と同様、私は過去に学ばず、後先を顧みない傾向にあるので、ほぼ毎回お腹を壊してしまうのである。以上より、夏の誤った涼み方を個人的な経験に基づいて述べたが、どれもありきたりのものだと思われるかもしれない。しかしながら当たり前・ありきたりと呼ばれるものはそう呼ばれるに相応しい理由があるからであり、これら2つは誰にも起きうることであり、誰にも対処可能なものであるということは大切な点である。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です