先々筋トレを継続しウエイトは変化しませんでした

2016年10月2日

身はこれまでに様々な痩身法を通じてきました。飲んだらやせるという栄養剤、ジュース、断食に炭水化物抜き痩身など。

もちろん、運動もしました。利益、痩せたことも確かにありましたが直ちにリバウンド→痩身新設→リバウンド。。誰もが経験するこういうリズムの繰り返しでした。

但し、痩身=減量に執着するのを除け、タフって美を意図というし食事内容を日頃から指し、週間に3回程の継続した運動で人体は確実に変わります。

運動をし始めたところは筋力が少なかったこともあり、大きなウエイトの変化はありませんでした。のち筋トレを継続しウエイトは変化しませんでしたが、脂肪が筋肉に変わりのちウエイトは落ちていきました。

女性の方は何とか行って頂きたいのは、痩せ期に一番頑張ってほしいだ。痩せ期というのは、一般的にメンスの後半~10日間ぐらいだ。こういうタームに運動ってごはん抑止を普段以上に指し行うと一体全体痩せます。こういうタームは中でもストイックに身はがんばりました。

あとは、痩せ期でもあるので言い換えれば太りにくい時代でもあるので、身は以前に甘味など普段我慢している物体も食べるようにもしていました。

あとは、ぐっすり女性にも多い食べない、特定の物を追い抜く痩身。これは、意外とやめてください。

生活、食事を食べない!甘味を食べない!なんて辛すぎます。身は、無理に忍耐をせず適度に食べたい物は食べていました。

その代わりに、食べ過ぎた翌日以降にまだまだごはんを調整したり、取り敢えず運動を行いました。不思議と、無理に我慢をしていた歳月よりも軽食は減りました。

適度な運動、均整を考えた日常のごはん、短期で結果を出すのではなく1カ月で1~1.5kgの減量を目指した長期のテーマ。

これが、身が負け戦を繰り返し30年代を過ぎ40年代近くになりやっと利益を出せた痩身だ。http://medamena.org/

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です